兼業「主夫」のおうち仕事

ヨメさん思い兼業「主夫」とその仲間のおうち仕事レポート

自粛のGW 捨てられなかった服を処分

 

f:id:htn8107htnsan:20210503123242p:plain

クローゼットの中


 「東京に来るな」「東京から出るな」「お店で酒は出すな」

「ネオンは消せ」あれこれ言われ、嫌でも自宅にこもるような

ゴールデンウイークです。

こんな時だからこそできることもあるかと思い、服の処分をしました。



処分と言えば「断捨離」です。

私は提唱者の やましたひでこ さんの著作を読んだ事はありませんが、

「単なる片付け術ではない」とか、捨てる基準として

「使えるか」ではなく「必要か」ですとか聞いたような気がします。

節約志向や、ひょっとしたら売れるかもなど、

と言う考えも捨てるべき。

などといった言葉が断片的に頭の片隅にあります。

 

もう一つは、コンマリこと近藤麻理恵さんの

「人生がときめく・・」シリーズです。

こちらも読んだことがありません。

心がときめくかということが片づけの基準のように聞きました。

 

あまり難しく考えず、少し片付けられればいいや、

程度の考えでやってみました。



物の処分はもったいないと言うのもありますが、

衣類とか本などは、何か自分の一部のような気がして、

処分をためらわせるのだと思います。

 

本はともかく、衣類等は体型が変わり、流行が変わり、

少なくともこの数年身に付けたことがないものが、かなりありました。

中には、非常に着易く繰り返し身に付けたせいで、

あちこちほつれたり薄くなったり、だいぶくたびれたものも見られました。

こうなると、何か愛おしさのような気持ちが芽生え、

なおさら捨てられなくなります。

 

体型は4年ほど前が体重のピークで65キロ程度。

それが今は60キロちょうどですので、

流行の形の違いもあり、古いズボンなどはお腹周りが ブカブカです。

 

体重は年とともに増えて、また減ったので、

捨てずにおいた古いジャケットやズボンが、

また丁度良く着られるようにもなっています。

 

f:id:htn8107htnsan:20210503113121j:plain

衣装ケース

 

こういうことがあると、またひょっとしたら太るかも、

そうすれば太ったときの服がまたフィットするのでは、

こんな考えが頭に浮かび、また捨てられなくなります。

 

そんなこんなで、今まで衣類はなかなか整理ができなかったのです。

ですから、今回は「3年以上身に付けてないもの」を基準に、

処分するほどにしました。

 



そういう目で見ると、衣装ケースの底の方には

以前のお気に入りや、無理をして買ったものの

ほとんど着たことのないものがかなり出てきます。

 

せめて下取りに出したり、買い取ってもらったりも

ありではないかと考えました。

ですが、数年経ったものはいかにも野暮ったく、

よく見ると退色もしているようで、

さすがに譲ることができません。

 

基準に従って処分を決めた服は、キチンと折りたたみ、

ご苦労様でしたと言いながらビールの袋に詰めました。

スーツやジャケット、シャツ、ズボン、ネクタイなど、

出してみるとかなりの量になります。

 

これだけのものが、さして広くない収納スペースに

場所を占めていたのです。

あふれた衣類が、片付かない感を出していました。



これでまた余分なものが増えなければ、

すっきりとした部屋のままですが、どうなりますことやら。

 

f:id:htn8107htnsan:20210503121843j:plain

処分することにした衣類