兼業「主夫」のおうち仕事

ヨメさん思い兼業「主夫」とその仲間のおうち仕事レポート

新型栄養失調か?最近ガスパチョがおいしいのです

f:id:htn8107htnsan:20210503175721j:plain

 

最近ガスパチョがおいしく感じます。

といってもどこかのスペイン料理屋を見つけたわけではありません。

近くのスーパーで売っていた、一リットルパック詰めになったものが、

意外とおいしく、気に入っているのです。

定番のスペイン料理ですが、おいしいと思ったこともなく、

どちらかといえば、野菜臭い液体という印象です。

 

材料はトマト(生)、きゅうり、たまねぎ、ピーマンまたはパプリカ

ニンニク、フランスパン、などに水、ビネガー、

オリーブオイル加えミキサーで粉砕攪拌し、冷やして食べます。

飲むサラダとか冷製スープなどと言われるゆえんです。

 

 

いつもと同じような食べ物が、あるときおいしく、

ある時はそれほどでもなく感じることがあります。

これは食べ物を受け付けるからだのコンディションが、

影響しているのか、あるいは、知らず知らずに何かの栄養素が

足りなくなっているのかもしれません。

 

一番よくわかるのが、のどが渇いたときに飲むビールです。

一杯目に比べ、二杯目はそれほどの感激がありません。

f:id:htn8107htnsan:20210503195730j:plain

ビールジョッキ

 

また、「これまで食べた一番おいしいものは何か」などという質問があります。

いろいろあって即答ができませんが、「いちばんおいしい朝ご飯は」

という問ならば自信をもって答えられます。

それは6月の第一日曜日、河津桜で有名な伊豆は河津川

の民宿で出される朝ごはんです。

普段はパン一枚かご飯なら軽く一杯しか食べない私が、

口に入れるものすべてがおいしく三杯は ご飯のお替わりをするのです。

 

よほど特別な料理かといえばそうではありません。

もちろん宿のご主人が丁寧に作ってくれたものには違いありませんが、

民宿のチョットいいメニューです。

 

この日は河津川の鮎の解禁日で、我が鮎釣りグループは

前日からここに泊まり、まだ薄暗い4時前に起きて朝食まで、

川で鮎を追い求めるのです。

きれいな空気を吸いながら、4時間も川をうろうろした後、

宿に戻っての食事です。

お察しの通り空腹が最高の調味料だという話になります。

 

f:id:htn8107htnsan:20210503202028j:plain

民宿の朝食


ただこのガスパチョは普段の朝食時に食べてもおいしく感じます。

ここで以前に読んだある実験の話を思い出しました。

ある栄養素を除いたエサを与え続けられたラットは、

複数のエサの中から不足した栄養素を多く含んだエサを、

選択的に食べるそうです。

 

私も以前は食べなかった野菜の塊のようなものを、

積極的に食べるのですから、ひょっとしたら

何かの栄養素が不足しているのかもしれません。

ラットがそのエサをおいしいと感じて食べているかどうかは

知る由もありませんがが、きっとそうに違いないと勝手に決めています。

 

以前何とも思わなかった食べ物がおいしく感じるのは、

ラットと同じ状態になっているのかもしれません。

 

本当のところはよくわかりませんが、おいしく食べられるものが増えたのは、

まずはめでたいということにしておきましょう。