兼業「主夫」のおうち仕事

ヨメさん思い兼業「主夫」とその仲間のおうち仕事レポート

風呂場の掃除大嫌い

嫌いな家事のリストというものがありました。

働くお母さんへのアンケート結果です。

それによるとお風呂場の掃除が1番大変で、

嫌なものとなっていました。

 

f:id:htn8107htnsan:20210418084832p:plain

嫌いな家事アンケート結果

   

戸建てのコンパクトなユニットバスならば

水平のサイズが1.6m×1.2m 高さが2.2mくらい。

床面積は1.6×1.2=1.92㎡

壁面積は底辺が1.6+1.6+1.2+1.2=5.6m

高さが2.2mで 5.6×2.2=12.3㎡

天井も床と同じで1.92㎡

これに浴槽の立ち上がり部分を加えると

高さ0.6m×長さ1.2mの外と中とで1.44㎡

合計 17.6㎡となります。



面積で言うとかなりの面積になります。



でも、同じような面積になる車の洗車はリストの中に入っておりません。

車をコンパクトなSUVと考えると、

幅、長さ、高さはそれぞれ、

1.5m、4.5m、1.5m程度です。

これを単純な直方体と考え、床部分を除くと

周長が1.5+4.5+1.5+4.5=12m

高さが1.5mで正面、後面、左右側面の合計は

12×1.5=18㎡

これに水平部分

1.5×4.5=6.75㎡

合計24.75㎡



洗車が入っていないのは

大抵ご主人がやっているからですかねえ。

 

単純に面積だけ見ると浴室より大きいですし、

垢ではないものの泥汚れも落とすのは結構大変です。

かがんでこすり洗いとワックスがけもありで、

冬の寒い時など冷たい水を使いたくもありません。

 

どうしてもいやなら、洗車機でという手があります。

私などはこの手の常用者です。

 

f:id:htn8107htnsan:20210418083512j:plain

洗車機洗い





やはり浴室洗いは、垢や髪の毛などのある排水溝など、

生理的な嫌悪感を感じるのが嫌いな理由の第一のようです。



解決にはなりませんが、汚いイメージを軽減するには、

ネット状のシールを排水口に貼って毎日交換。

その日の汚れだけなら、多少気が楽になります。



かがんでスポンジで擦り洗いは楽にすることができるのか。

 

・洗剤を変える。

・手でこすらず回転するブラシで擦り洗いをする。

・スチーム洗浄機と流水できれいにする。

 

などが思いつきますが決定打ではありません。

 

f:id:htn8107htnsan:20210418085912j:plain

浴槽洗い

 

 

掃除を楽にする工夫するというのと少し違いますが、

友人宅はリフォームの時に浴室をシャワー室にしてしまいました。

浴槽をなくし、シャワーのみにしてしまったのです。

若い人などは、あまりお湯に浸からないと聞きます。

 

これであればユニット自体も小さく、肌が直接触れる浴槽がないので、

掃除をする頻度が少なくても済むはず。

嫌いな仕事を減らすためにやったわけではないようですが、

結果として嫌な仕事に費やす時間がかなり削られるたようです。





※使用した表は株式会社ビズヒッツが、株式会社コロプラが提供するスマートフォンユーザー向けリサーチサービス「スマートアンサー」と共同で、20代~50代のワーキングマザー551人を対象に「嫌いな家事」に関する調査を実施した結果を参照しました。