同割主夫のおうち仕事

家事割合5割を目指すヨメさん思い「主夫」たちのおうち仕事レポート

バッチ処理より逐次処理

f:id:htn8107htnsan:20210211222800p:plain

 

このブログのテーマである家事について、

経済評論家の勝間和代さんの書いた本があるのを知って、

参考になるかと思い買って読んでみました。

タイトルは「勝間式超ロジカル家事」

 

論理的な考えによって家事をどう処理すべきか、

仕組みや原理を知ることで、時間とお金を節約し、しかも質を落とさない、

その試行錯誤の結果、たどり着いた結論が書かれています。

 

扱われている分野は、料理 掃除洗濯 収納 家計 ファッション 健康管理など、

家事全般にわたります。

それぞれの家事ごとに、勝間さんがビジネスにおいて培った知見をもとに、

どういう風にしたら家事が合理的にできるか、時間が短縮できるかなどについての

指南書といった雰囲気です。

 

いろいろ興味深いことが書いてありますが、

その中で気に入ったフレーズがあります。

「ゴミはバッチ処理より逐次処理」と言う言葉です。

 

私なども家事仕事は、ちょこちょこやるよりも、

まとめてやる方(バッチ処理)が効率が良くできると理解していました。

それを、気がついたときにちょこちょこと(逐次処理)、

片づけてためないこと、大ごとにならないようにするのが極意だとされています。

 

私が気にいったのは、ためずにちょこちょこ処理をすると言う内容を

「バッチ処理より逐次処理」と言うビジネス感覚の言葉で語っているところです。

 

普通に言えば、「掃除や洗濯は溜めずにこまめにしましょうね」

と言うような言葉になるかと思います。

これが「バッチ処理より逐次処理」と言うフレーズになると、

いやいややるめんどうな家事と言うより、何か積極的に処理をすべき

ビジネスの課題ようなニュアンスになります。

 

f:id:htn8107htnsan:20210211224739p:plain

段ボールの散らかった部屋

 

 

実際この言葉を読んでから、少なくとも我が家の段ボールの処理は、

逐次処理になりました。

以前は宅配の段ボールなどは、中身を取り出しても、そのまま納戸に積み上げ、

あとでまとめて処理をしようと考えていまして、

奥のものを取り出しにくくしており、大変無駄なことをしていました。

 

これが「逐次処理」と言う言葉になると、

中身を取り出したらすぐに段ボールを分解し、

折りたたんで、所定の場所に置き、

次の段ボール収集日(週に2日あります)にすぐ出せるようにしています。

 

またちょっとしたゴミもこまめに拾ったり、

ハンディータイプの掃除機で部屋の隅をちょっちょっと掃除をし、

床にものを置かないようにしていれば、後はルンバにお任せすることができます。

 

同じように逐次処理の良いところは食後の食器洗いです。

とにかく気がついたときにさっと処理をするのは、

隙間の時間にあれこれ処理ができると言うことです。

ほんの2、 3分でも細かな処理が進み、

結果として大きな負担なく、あれこれ家事が進むと言うことになります。

 

「バッチ処理より逐次処理」と言うフレーズは、

家事を処理する上で能率よくできます。

それと同時に、積極的な気持ちで家事に取り組むようになりますので、

これを標語のように唱え続けることに思います。