同割主夫のおうち仕事

家事割合5割を目指すヨメさん思い「主夫」たちのおうち仕事レポート

台所 流し回りの小道具

洗濯ばさみ

洗濯ばさみ


・あみたわし・

商品名ズビズバサラッシュ 

旭化成のネットタイプのたわしです。

丈夫なサラン繊維が六角形の編まれています。

これが気に入っているところは何より乾きやすい。

濡れた時間が長いと細菌が繁殖するのでは、

と心配な人に向いていると思います。

 

また一枚のネット状なので細かいところにまで入り込み、

汚れをかき出します。

例えばフライパンの取っ手にあるぶら下げるための孔。

(きっと名前があるのでしょうがわかりません)

こういうところはネットを通してごしごしできます。

 

また、鍋の取っ手回りもひも状にして、

細かいところまでよごれを落とせます。

さらに狭いところには、一辺の両端をもって、

狭いところに差し入れて使うこともできます。

 

f:id:htn8107htnsan:20210111170108j:plain

あみたわし ズビズバ

 

あと、あまり気にする人はいませんが、

きれいにしにくいフォークの間も、

ネットにさすようにして、洗えば直接網目が汚れをかき取ってくれます。

 

私は、食器や調理器具だけでなく、

コンロ台やゴトク、グリルやオーブンの周囲の壁も、

軽く石鹸をつけたネットを、固く絞って汚れ落としています。

 

もちろんそのあとは、

次にあげるセルロースクロスで仕上げぶきをします。

 

これだけ活躍してくれたネットは最後に石鹸で丁寧に洗い、

広げて「布巾かけ」にかけておけば、

あっという間に乾き、次も快適に使うことができます。

 

 

・セルロースクロス・

天然繊維のセルロースと

コットンでできている厚さ3mmほどのクロスです。

はじめは何だかわからず、

「吸水力はタオルの約4倍」

「乾きの早さはタオルより数倍も早い」

などのコピーにつられて買ってきました。

 

さっそく使ってみて実感。

うたい文句のように4倍かどうかはわかりませんが、

かなり効率よく吸水します。

 

シンク天板の上の水をふき取るとすっきりきれいになります。

また大きなサイズのものを、カットして、コースターとしたり、

食器洗いの後の水切りになど、

いろいろな使い方ができるようです。

 

f:id:htn8107htnsan:20210111164857j:plain

セルロースクロス

 

わたくしは前述のネットたわしで汚れを落とした後、

水分と石鹸分をふき取るのに使っています。

乾いたままではあまり吸水しないので、

一度濡らしてぎゅっと絞ってから使うのがコツといえばコツです。

こうして使うとむらなくきれいに拭きあげられます。

 

使用後は石鹸や洗剤でよく洗ってから、

「布巾かけ」などにかけて干します。

夜遅く干しても翌朝にはぱりぱりに乾いています。

 

ただ乾燥が早いといっても、

必ず付いた汚れをきれいにして干すことです。

これは布製の布巾でもおなじですが、

よごれたままで、干すのを忘れると、

暖かい時期だとカビ汚れが染みつき、

クロスの寿命を縮めることになります。